ウォーターサーバーの種類、実はいろいろあるんです!

お水とサーバーは、何があるの?

お水とサーバーには種類がある?!

給水器1つでも、選択肢が意外とあります。

ウォーターサーバーという言葉で一括りにしがちですが、ウォーターサーバーのお水とサーバーには大きく分けて2種類あります。

しかも、このお水の種類と、サーバーの種類が違うということは、つまり、必要なスペースや、含まれる成分が変わるため、あなたにとって最適化どうかまで変化することも。

そうは言っても、ウォーターサーバーの種類について、きちんと比較した上で、おすすめを教えてくれるサイトはあまりありません。

そこで、当ページでは、「ウォーターサーバーの種類」に焦点を定め、どのような人にどのウォーターサーバーがおすすめなのか、の情報をご紹介。

あなたが本当に探しているウォーターサーバーはどのようなものか、を見つけるサポートを致します。

最初に、ウォーターサーバーのお水の種類、次に、ウォーターサーバーのサーバーの種類について詳しくご紹介するため、ウォーターサーバーについての理解が可能です。。

それでは、さっそく見ていきましょう。

2種類のお水から選択可能

天然水とRO水というお水の種類

おいしい水が飲めると話題になっているウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーのお水は、実は2種類あり、 あなたがウォーターサーバー探しの際にどのような点を重視するかでおすすめのウォーターサーバーのお水の種類は変化します。

ここでは、ウォーターサーバーのお水、2種類の紹介と、どのような人にどちらのタイプがおすすめなのかご紹介。 ウォーターサーバーのお水の2種類は、以下の通りです。

RO水
天然水



ウォーターサーバーのお水は、RO水と天然水の2種類から選ぶことが可能です。

天然水という言葉は、聞いたことがある方も多そうですが、RO水という言葉には馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

ウォーターサーバーのお水の種類の1つであるRO水とは、水道水や地下水などをNASAでも採用している最先端のろ過システムであるRO膜(逆浸透膜)によって、1000万分の1mmまで不純物を徹底的に除去したH2O以外ほとんど含まない非常にキレイなお水のこと。

このままでは、ミネラルなどといった成分をあまり含まないお水であり、ウォーターサーバーによっては、ろ過した後のお水にバランスよくミネラルを配合させ、味わい豊かな美味しい種類のお水へと仕上げています。

全国の水道水や地下水を利用していることから水源が豊富なため、ウォーターサーバーの天然水に比べてお水料金が安く、消費量が多い大家族やオフィスにも最適なウォーターサーバーです。

一方、ウォーターサーバーのお水のもう1つの種類である天然水は全国の名水地のお水を加熱処理または非加熱処理により、自然本来のミネラル分や美味しさを損なわないよう提供されているため、RO水に比べて、ウォーターサーバーでは美味しい種類の水だと評判です。

また、日常生活では摂取が難しいバナジウムやシリカを含んだ種類の天然水もウォーターサーバーにはあるので、日々の健康や美容にも効果が期待できます。

ただし、採水地が限定されていることや、品質管理に手間やコストがかかることから、品質に絶対的な安心感はあるものの、RO水よりは価格が高い傾向にあります。

両者はそれぞれのメリットがあり、あなたの要望にかなっているかどうか、というのは人により変わるため、以下一覧表でまとめましたのでご覧くださいませ。



ウォーターサーバーのお水の種類、RO水と天然水の比較表

  RO水 天然水
採水地 水道水や地下水
※アルピナは天然水を使用
全国にある有名な水源地
価格 安い 高い
ミネラル分 人工添加
※アルピナは無添加
自然本来
ボトル リターナブル方式が大半 ワンウェイ方式が大半
おすすめPoint 赤ちゃんのミルク用に最適 健康・美容に最適
以上、表にまとめましたように、ウォーターサーバーのお水の種類のRO水は、水源が豊富のため、比較的料金が安くお水を利用することが出来ます。

一方、ミネラルなどの成分に関しますと、天然水は、自然本来のミネラルや、ウォーターサーバーによっては、更にミネラルを追加しているところもあるため、RO水と比較すると、圧倒的にミネラル豊富。

ここで登場するのが、ウォーターサーバーのお水を決定するときに1番重要な、どのお水が誰におすすめなのか、ということ。

RO水は、ミネラルが少ないですが、赤ちゃんや免疫が弱い方、高齢者には、このRO水ではなくてはいけない理由があります。

といいますのも、赤ちゃんを例に出しますと、腎臓が出来上がっていないため、ミネラルを消化する機能が弱いからです。

免疫が弱い方や、高齢者の方も同じような理由で、過度に含まれるミネラルは消化できないため、体調を崩しやすい、といった理由から天然水の利用はおすすめできません。

逆に、子供から大人の健康や美容に興味がある方は、天然水のミネラルにより、期待している効果が得られることもあるため、天然水をおすすめします。 天然水のお水の成分につきましては、下記ページで詳しくご紹介しています。



ボトルの方式に関しましては、RO水では料金を安く抑えるためにも、リターナブル方式という回収型が多く、天然水では、利用の便利さもあってかワンウェイ方式といった使い捨て型が多いです。

そもそも、ウォーターサーバーのボトルのリターナブルとワンウェイ方式とは何か詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、下記で詳しくご紹介していますため、是非ご覧にあってくださいませ。



以上、ウォーターサーバーの種類について詳しくご紹介してきましたが、RO水と天水水がそれぞれどのようなものなのか違いが分かりましたでしょうか。 次項では、ウォーターサーバーのサーバーの種類について紹介しながら比較していきましょう。


サーバーの種類を詳しくご紹介

ウォーターサーバーの小型卓上種類説明します!

前項では、ウォーターサーバーのお水の種類についてご紹介いたしましたが、ウォーターサーバーはお水だけでなく、 各社ともサーバーにもこだわっており、豊富な種類で提供しています。

一般的には、床置タイプの長方形タイプの種類のウォーターサーバーが一般的ですが、小型でテーブルやカウンターにも設置可能な卓上タイプの種類を提供しているメーカーも少なくありません。

部屋のスペースを理由にウォーターサーバーの設置を躊躇している方は、小型サーバーの種類を検討してみてはどうでしょうか。

また、小型の卓上タイプをおすすめしたいもう一つの理由が、ウォーターサーバーのお水の重いボトルを持ち上げなくていい、ということ。

床置き型のウォーターサーバーの水ボトルは1本12リットルの大容量の種類が一般的なため、 上部にボトルを設置するタイプは、女性や高齢者にとっては苦痛になりがちです。

そのため、小型タイプの種類のウォーターサーバーであれば水ボトルの容量が軽量な製品が多く、設置も卓上にできるため、交換が楽と言ったメリットが。

床置タイプの種類でも、コスモサーバーなど足元から水ボトルを交換できるタイプもありますが、どちらにせよ重たい水ボトルの交換があるため、重たいボトルを取り扱いたくない方には、小型の卓上タイプは、とてもおすすめ。

ただ、12リットルのボトルを一度設置すれば、しばらくは交換しなくていいため、その方が気が楽!という方には、コスモウォーターはおすすめです。

コスモウォーターは、業界で初めて足元から交換できるサーバー「smart」を開発しました。

重たい12リットルのお水ボトルでも持ち上げる必要がなく、女性や高齢者でも簡単に設置可能です。 消費者目線の便利なサーバーを次々に開発しているのがコスモウォーターの特徴です。

足元から交換できるから女性や高齢者でも楽々設置

このように、ウォーターサーバーを選ぶ際は、お水だけでなくサーバーにも注目してみることをおすすめします。 以下、小型の卓上ウォーターサーバーのサイズ一覧表を載せましたので、参考になれば幸いです。

小型の卓上ウォーターサーバー

メーカー名 幅(cm) 奥行き(cm) 高さ(cm)
コスモウォーター
スタイリッシュ卓上
30 30 79
フレシャス
SIPHON
30 34 78
フレシャス
アクウィッシュ
30 34 78
プレミアムウォーター
スタンダード卓上
30 35 85
アルピナウォーター
卓上型
30 31 82
アクアクララ
アクアスリムS
27 42 76
うるのん
スリムサーバー卓上
34 38 80
アクアセレクト
ライフ卓上タイプ
28 35 75
アクアセレクト
リターナブル
32 32 75
クリクラ
サーバーS
27 46 88
クリクラ
省エネサーバーS
27 45 92
富士おいしい水
卓上タイプ
36 36 82
以上、ウォーターサーバーの小型、卓上タイプの表を作成しましたが、いかがでしたでしょうか。 それぞれのウォーターサーバーは、特徴も違うため、少しでも気になった方は、是非詳細を御覧くださいませ。
page_top

Copyright (C) 2017 ウォーターサーバーで健康生活※料金・口コミ・安心をみんなで比較ランキングAll Rights Reserved.